鹿児島の郷土料理│市場食堂

かごしま黒豚の料理とさつま揚げ

鹿児島の郷土料理にはキビナゴ料理や鰹料理の他にもまだまだ沢山ございます。 西郷隆盛が好んで食したと言われるトンコツ(豚骨)、新鮮な白身魚を使った自家製さつま揚げ、鹿児島県のブランド豚かごしま黒豚のしゃぶしゃぶなど、その美味しさを心行くまでご堪能下さいませ。

さつま揚げ|鹿児島の郷土料理

さつま揚げ

新鮮な白身魚のすり身を素上げにした鹿児島の郷土料理さつま揚げは、市場食堂でも大変人気のある一品です。特に遠方からお越しのお客様にはお持ち帰りをご希望される方が多く、土産物屋さんで売られているさつま揚げとは一味違う市場食堂のさつま揚げをお楽しみ頂けます。

 

>>さつま揚げ

トンコツ(豚骨)|鹿児島の郷土料理

トンコツ(豚骨)

西郷隆盛がこよなく愛した野趣溢れる郷土料理です。 鉄鍋に豚のあばらを炒め、焼酎や黒砂糖、地味噌で煮込む単純な料理ですが、時間をかけて煮込まれたトンコツは、ゼラチン質の脂身と肉本来の旨味を楽しめる奥の深い味わいが魅力です。 また、鹿児島芋焼酎のお湯割と大変相性の良い一品です。

 

>>トンコツ

かごしま黒豚のしゃぶしゃぶ|鹿児島の郷土料理

黒豚しゃぶしゃぶ

今では全国的に有名なった黒豚しゃぶしゃぶですが、一昔前までは衛生面や味質の面からすると、とても考えられない料理でした。 豚肉を半生の状態で食してもその旨味を堪能できる。それを可能にしたのが鹿児島県のブランド豚『かごしま黒豚』です。ぐつぐつとたぎる鍋にさっと色が変わる程度に肉をくぐらせ、薬味を添えたポン酢でいただくかごしま黒豚は、しっかりとした肉の旨味と一噛みごとに鼻へと抜ける肉の香りがたまりません。

 

>>黒豚しゃぶしゃぶ

かごしま黒豚|鹿児島の郷土料理

かごしま黒豚 市場食堂では全ての豚肉を鹿児島のブランド『かごしま黒豚』を使用しています。
かごしま黒豚の素晴らしさはかごしま黒豚のページでご覧下さいませ。

 

>>かごしま黒豚